福岡 安全安心に取り組む飲食店

福岡 安全安心に取り組む飲食店

飲食店の皆様へ

国・県・市の飲食店お役立ち情報

■事業者向けの主な支援策
新型コロナウィルスの影響を受ける市内の事業者に対して、緊急支援を行います。
詳しくは こちらをご覧ください。
■経済産業省の飲食店支援要領
飲食店の皆様にご活用いただける、支援策リーフレットです。
詳しくは こちらをご覧ください。

飲食店安全対策チェックリスト

ご自由にご利用下さい

飲食店 安全対策の取り組み 新しい営業スタイルに向けた取り組みチェックリストを活用しよう

チェックリストをダウンロードする

FAQ よくある質問まとめました

飲食店の皆さんからのよくある質問

マークを押すと回答が確認できます。

A.福岡県の飲食店経営者有志と任意団体フードハッカソンジャパンが作成した「飲食店イートイン安全ガイドライン福岡」(疫学専門家 ハワイ大学 岡田悠偉人監修)をベースに安全対策アドバイザー訪問事業の対策チェックリストをつくっています。
ガイドラインはこちらをご覧ください

A.福岡市の安全対策アドバイザー訪問事業ではステッカーの配布はありません。9つの基本項目をクリアした対策店は福岡市の「福岡 安全安心に取り組む飲食店」公式ホームページにて対策宣言店として情報公開されます。

A.はい、対策のひとつの指針になります。お客さま入店時、検温をすることが望ましいですが、スタッフが対応できない場合は、お客さま自身で計っていただくか、座席にてスタッフが検温をするかでご対応をお願いします。

A.令和元年度補正予算、令和2年度1次補正予算及び令和2年度2次補正予算で組まれた小規模事業者向けの「持続化補助金」があります。
詳しくは
https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/0102.pdf

A.令和元年度補正予算、令和2年度1次補正予算及び令和2年度2次補正予算で組まれた小規模事業者向けの「持続化補助金」があります。
詳しくは https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/0102.pdf

A.「入退店時の三密の回避」「席数を減らす(対面2メートル、横並び1メートルの距離確保)」「オープンキッチンなど対面カウンター席にはアクリル板やビニールシートで間仕切りをつくる」です。

A.着席されたお客さまの頭が間仕切りに隠れる高さ、およそ70センチが適切だといわれています。

A.家族客は感染リスクを承知のうえでの入店が前提になることを確認しましょう。ガイドラインでは団体客の入店は大人5名までを推奨しています。グループ同士はできるだけ席を離しましょう。

A.業態によりますが、アルコールを提供するお店は、まずは泥酔をして周囲のお客様へのご迷惑や、大声で騒ぐ団体客を出さないことが先決です。制限時間を設定した場合は、できるだけトラブルにならないよう店内提示、又は入店時にきちんと伝達することをお勧めします。

A.まずは感染症対策にしっかりと取り組んでいることを店頭や店内でお客さまに分かりやすく提示、アピールすることです。料理を一人分ずつ小分けして提供する、マスク置きを用意するなど、イートインのお客さまに対する細やかな配慮がリピーターを生むきっかけになります。「この店は安心だ」という印象を与えることができるかどうかがひとつの分岐点です。

A.店舗を生かしたテイクアウト・デリバリー商品の提供、インターネットを活用したオンラインサービスによる通信販売用商品の提供、クラウドキッチンやキッチンカービジネスを始めるなど様々なものがあります。近くの飲食店と協力して「お弁当の共同販売」など協業ビジネスをはじめるお店も増えています。

A.大声を控え飛沫が飛び散らないように配慮や対策をしてもらえれば絶対ではありません。お願いをする場合は「飲食時以外は、なるべくマスクを」という角の立たない表現で店内に表示をされる程度がベターでしょう。

A.個別に提供し、利用後はアルコール消毒することを推奨します。

A.接触感染を予防するためには、手がよく触れるところ、たとえば、ドアノブ、スイッチ、手すり、エレベーターのボタン、テーブルやカウンター、メニュー表など共用で使うものについて、アルコール消毒液などで定期的な清拭をすることが有効です。清掃チェック表をつくって清掃ルーティーンをつくることを推奨します。

A.換気にも配慮して市販の入り口玄関用のメッシュ生地ノレンを下げて対応している店舗があります。開閉部分がマグネット式になっているノレンが開閉が風に左右されないので人気です。冷気はできるだけ逃がさず、虫は入りにくい、しかもお客さまの目から見ても換気対策が見えるという効果があります。

A.市販の封筒を提供している店が多くあります。なかには販促ツールとしてとらえ、店の情報を掲載したり再来店を促すサービス券などを同封している店もあります。

A.今回のアドバイザー事業では、接待を伴う飲食店様への対応ができていないのが現状です。感染予防対策の基本となりますマスクの着用、消毒液の設置等の他、下記、業界別に策定されているガイドラインやマニュアルを取り組みのご参考にしていただければ幸いです。

●全国社交飲食業生活衛生同業組合連合会

https://zensyaren.net/pdf/b9584552dfbf47642688827125fca7611e1fbd45.pdf

https://zensyaren.net/pdf/f1c2cc4d60683d1d2ad9d169431ab66872df99da.pdf

●日本水商売協会のガイドライン
https://mizusyobai.jp/guideline_covid19/

A.福岡県の飲食店支援については、下記をご覧ください。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19sticker.html

<福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口>
電話番号0570-783-019

FAQをもっとみる

屋外テラス営業促進のご案内

感染対策のため飲食店のテラス営業を促進します。

屋外テラス営業促進

photo

福岡市内 飲食店対象公式ホームページ無料でご紹介

飲食店のテラス営業等の
利用促進(2021年9月30日迄)

テラス席などの屋外スペースを持っている飲食店にも感染対策のアドバイスを行います。また、屋外利用できる店舗の情報をホームページでも発信します。

※テラス営業やテイクアウトに道路等が
利用できる場合があります。
※テラス営業やテイクアウトに道路等が利用できる場合があります。
詳しくはこちらをご覧ください。

市民向けサイト

福岡 安全安心に取り組む飲食店市民向けサイト